トマト

2017年6月 9日 (金)

トマトの放任栽培。

Img_8050

ひと足先にトマトの収穫を楽しんでおります。

当初、温室栽培を試みようと

昨年の12月にタネを蒔いたトマトたち。

2月末にビニールハウスが倒壊とともに

寒空に投げ出されながらも生きぬいた。

ハウスの倒壊とともにわたしの心も折れ

トマトに支柱さえも立てない放ったらかし栽培。

でも、かわいい実をつけてくれるんだよね〜

Img_8043


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年1月 3日 (火)

トマトの育苗。

Img_7025

季節はずれのトマト栽培。

育苗が完了しました〜

今週末には温室に定植したいなぁ〜

お正月は天気が良いので

ベランダで外気浴して慣らしております。

Img_7026


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年12月10日 (土)

トマト発芽!

15349780_1776595519258660_889281718

日曜の午後に種まき金曜の朝に発芽。

中4日で発芽だぁー!

自家採種の精鋭たち…優秀だぁ〜笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 5日 (月)

トマトたね蒔き。

Img_6876

トマトの周年栽培を目指してたね蒔き!

Img_6877

早朝の温度が23℃ 発芽には理想的。

Img_6878

熱源はもちろん

ベットボトル湯たんぽ! (プランターで有機栽培1を参照)

育てる品種は…

グルタミン酸調味料トマト ボルゲーゼ

アロイトマト、ONOトマト、

そして、福田さんから頂いたアロイミニ

あと、スーパーでん買ったトマトで

すごく甘い中玉がお眼鏡にかかり採種

そのフルーツトマトを試す!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2016年7月 8日 (金)

アロイトマト完熟!

Img_5346

愛してやまないアロイトマト色づきました〜嬉

Img_5338

毎年そうなんだけど…

プチ系がたくさんあるのに

この大玉の完熟を待つ輩がおります…w

鳥かネズミかっ? 美味しさの認証をいただきました〜

Img_5349

ベランダ屋上菜園は

一足先に夏全開を迎えました〜♪

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年6月23日 (木)

トマト色づく。

Img_5166

Onoトマトが色づきます。

雨が降るとトマトが気になってしまって…

一気に水が入ると実が割れる危険性が。

Img_5175

オリジナルのイエローのトマトだと

思い込んで育てていたトマト

色づいたらブラックチェリーだった。

採種の時にタネを取り違えたかなっ〜笑

まぁ ブラックチェリーは

いちばんコクがあって美味しいんですがね〜

Img_5177

今季はいつもの年の4分の1しか育てていない。

品種もアロイとOnoとブラック

やっぱり雨よけが欲しいなぁ〜

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2016年5月18日 (水)

Ono Tomato 結実!

Img_4794

一昨年、ハワイアンレストランの

サラダから採種したOno Tomato

植え込みから一週間で結実!

生命力強いね〜

Img_4792

超甘のチリエジーノ豊作の予感〜笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月12日 (木)

トマト定植

Img_4659

5/9の月曜日にトマトを植えました〜

今季はアロイトマトとonoトマトとF7のイエローの

オリジナルトマト3種。

トマトの鉢にはバジルを混植させます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月25日 (月)

トマトの育苗完了!

Img_4319

トマトの育苗は簡易温室で!と決め込んでいたが…

今季はいつもより

小さな簡易温室水槽で育てているため

鉢上げから水槽に入りきらなかった株が。

以外と加温なしでもいけるなぁ〜

Img_4314

試練を与えた方が徒長せず

葉もしっかりと固く育つなっ!

温室育ちはこれから外気浴

外の環境に慣らしていきます〜

Img_4313


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年3月30日 (水)

トマトの鉢上げ。

Img_4254

トマトの鉢上げをしました。

Img_4249

まるでトマトのスプラウト栽培だっ〜笑

Img_4258

昨日から簡易温室水槽の蓋は

気温の上昇に伴い昼間は開けております。

Img_4257

この時期の育苗は…

寒くないかなっ〜? とか 暑くないかなっ〜? とか

まるで赤子を育てるのと同じ気遣いです。

まぁ、その分、愛情が入ってしまい

可愛くなってしまうのですがね〜笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧