« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

2016年12月21日 (水)

セロリのポット栽培。

Img_6958

セロリの生育が順調です。

5号(15cm) 6号(18cm)のポットでも育つなぁ〜

ポキっとスティックで食べたい衝動に駆られます!

Img_6950

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月18日 (日)

トマトの鉢上げ。

Img_6970

トマトの鉢上げ。

たね蒔きから2週間
トマトを1本に独立鉢上げ。

Img_6948

一見、徒長ぎみのトマトの苗
でも、いいんです!

トマトは茎の
どこからでも根を出すことができるので
鉢上げで深植えしてあげると
根を出す部分が増えて
より根張りの良いトマト苗に仕上がります!

Img_6969

ただこれより
寒さに当てたくないが
陽には当てたいジレンマw

透明のガラス水槽で日向ぼっこ。

晴れて陽が当たっているときに
ちょうど25℃くらいになるように
蓋の隙間で調整。

Img_6975

夜は部屋の中に入れないといけませんよ。

赤ん坊とおなじくらい手をかけて気遣いをして
ようやく健康優良児のトマト苗が育ちます〜笑

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年12月11日 (日)

パクチー栽培

Img_6899

今年の一品は パクチーに決定とTVが伝えます。

夏に学研「野菜だより」の納涼会にお呼ばれしたときに
つぎにトレンドを示す野菜は?と尋ねられ
パクチーですね〜と答えてみたが…

農の師匠たちは口を揃えて
あんなカメムシ臭の野菜は嫌だよ〜と笑笑

確かに好きと嫌いがはっきり分かれる野菜だぁー!

パクチー 別名をコリアンダー
中国では香菜( シャンサイ)と呼ばれる。

食べつけるとクセになるなぁ〜

Img_6902

今季はどのくらい小さな鉢で育てられるか試しているが
5号でも(15cm)いけるなぁ。
10号に(30cm)に3株植えつけた方は食べ放題だよ〜

ハウス栽培の温室効果もあり
いま流行りのパクチーたっぷり堪能しております。

15442348_1186624751429632_138580005

写真は槍烏賊とパクチーのおつまみ。
ナンプラーの代わりに
魚醤いしるで味付け!

アジアンチックだが和風の深いお出汁となっております!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年12月10日 (土)

トマト発芽!

15349780_1776595519258660_889281718

日曜の午後に種まき金曜の朝に発芽。

中4日で発芽だぁー!

自家採種の精鋭たち…優秀だぁ〜笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝採れレタス!

Img_6884

今朝の収穫!

朝採れレタス!

Img_6889

長いほうはサンチュ!

Img_6886

丸いのはマノアレタスだぁー!

Img_6890

採れたてをいただく プランターレタス栽培

超〜フレッシュです!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2016年12月 5日 (月)

トマトたね蒔き。

Img_6876

トマトの周年栽培を目指してたね蒔き!

Img_6877

早朝の温度が23℃ 発芽には理想的。

Img_6878

熱源はもちろん

ベットボトル湯たんぽ! (プランターで有機栽培1を参照)

育てる品種は…

グルタミン酸調味料トマト ボルゲーゼ

アロイトマト、ONOトマト、

そして、福田さんから頂いたアロイミニ

あと、スーパーでん買ったトマトで

すごく甘い中玉がお眼鏡にかかり採種

そのフルーツトマトを試す!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2016年12月 3日 (土)

温室!

15283994_1178373795588061_787649774

屋上に設置した温室

良い感じです〜

陽がさせば夏だな〜

コーヒーなんぞそそいで至福の時間が流れます〜笑

Img_6865

葉物野菜はすくすく育ちますなぁ〜

温室野菜植物園 完成しました〜♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

じゃがいも収穫。

Img_6873

本日、じゃがいもアンデスレッド収穫。

9月2日に種芋を植えた〜

14232445_1733518093566403_809246193

ひと月後の10月4日の成長

Img_6476

そして先日の雪で枯れた〜

Img_6744

久しぶりの袋栽培でしたが豊作でした〜

Img_6870


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »